2018年6月より社内ラジオ導入

「ラジオ」は、一般の人にはあまり関係ないものというイメージ、概念がありますか?

おそらく皆さん、ラジオを聴いたたことはあるでしょう。でもそれは、あくまで聴く方ではないでしょうか。ところが、この社内ラジオは、話す側、お届けする側です。自分がパーソナリティになり、マイクの前でお話します。

 

社内ラジオを取り入れるに至ったきっかけ

教室では日々様々なことに取り組んでいます。その取り組みをお知らせする手段として、ますば教室から発信しているものを整理してみました。

  1. 月に一度のニュースレター
    これはいわゆる教室だよりです。
    イベントのお知らせや新入会、コンクール結果、教室からの伝達事項などをご紹介しています。
  2. 2ヶ月分のレッスン予定表
    各講師のレッスンを2ヶ月ごとにペーパーとメールの両方を発信してきました。

この2つだけでも十分だと思います。しかし常に、他に良いアイデアがないものかと思っていました。

  • どうしたら、更に良いコミュニケーションが出来るのか?
  • 教室の皆さんと共有できる何かはないか?
  • 楽しい企画はないか?
  • 他にどこもやってないものは何か?

そのような時に、社内ラジオがあるという情報を入手し、ピンと来ました❣️

ラジオやってみたい!

  • 音は何よりも早くその場で聴ける
  • 忙しくても、何かやりながらでも聴ける
  • これからは「声」と「音」でも発信していけたら
  • 生徒さん、親御さん、講師、社員全員が情報を共有できるツールとして「社内ラジオ」最適なのではないか
  • 驚く事に収録はどこでも出来る(教室でも、自宅でも、外でも!らしいです)

近くのスタジオで収録を行っています

弊社山口がパーソナリティを務め、月に2回の配信で、毎回ゲストに親御さん、生徒さんをお招きして、様々なお話をお聞きしています。過去の放送では、ご父兄さまや生徒さん、講師たちも出演していただきました。毎回の収録を楽しみながら行っています。

 

Archive